コンタクトレンズ

ハードの特徴

コンタクトレンズを使用しようと思うとき、必ず迷うのが、ハードコンタクトレンズと、ソフトコンタクトレンズの選択です。ハードコンタクトレンズの場合、硬い感じもあり、目に痛そうというイメージもあり不安という人たちも多くいます。やわらかいイメージに対してのソフトコンタクトレンズに対して、硬いイメージというのがハードコンタクトレンズです。

まず、ハードコンタクトレンズの素材についてです。ハードコンタクトレンズの硬い素材は、シリコン、更にアクリル系であり、最近では更に目の健康をしっかり考慮し、酸素を通しやすいプラスチック素材で作られているものなどがあります。ハードコンタクトレンズも時代時代で進化をして、以前は、酸素を通すということはあまり意識されないで、 ポリメチルメタクリレート(PMMA)が素材と使用されていた経緯があります。

現在、ハードコンタクトレンズも、酸素透過性ハードコンタクトレンズというものに意識を重くおき、含シリコンメタクリレートや、 含フッ素メタクリレートと言った素材が使用されています。含フッ素メタクリレートとは、 酸素透過性が良く汚れにくく、含シリコンメタクリレートは、 酸素透過性が非常に優れているメリットがあります。