コンタクトレンズ

ソフトコンタクト

コンタクトレンズを購入しようという人たちは、直感的には、ソフトコンタクトレンズがいいという判断をしてしまうかもしれません。 しかし目のことを考えるとハードコンタクトレンズの選択が良いのかもしれません。ハードコンタクトレンズも、進化して、 高酸素透過性ハードコンタクトレンズが登場したためです。酸素を多く通すことができるコンタクトレンズであることがとても大事なことなのです。コンタクトレンズを装着して、同時に目の健康についてしっかり考えてみる必要がありますし、とても大事なのが、酸素です。目の角膜は、直接、空気中の酸素を取り込んでいる部分です。血液から酸素を補給するケースが多い、身体の部分で結構珍しい部分と言えます。

ソフトコンタクトレンズはあまり酸素を通さないと言われいた時代があり、やっぱりハードコンタクトレンズが良いということになりました。しかし、現状のお話しをすれば、現在のソフトコンタクトレンズにも、シリコーンハイドロゲルという素材を使用することによっての新しい変化があります。

実際に、シリコーンハイドロゲルによって、ハードコンタクトレンズ並みに酸素の問題を解決出来るソフトコンタクトレンズも登場して来ています。酸素の問題は、コンタクトレンズ全体でそろそろ解決方向に向かいつつあります。ハードコンタクトレンズか、ソフトコンタクトレンズか、尚更なかなか難しい選択がここにあるかもしれません。当然、目の健康のことを考えて医師と相談するモチベーションも大事です。あとは価格志向でしょうか、それともやっぱりすぐに慣れるコンタクトレンズの選択になってしまうのでしょうか。